アレキサンドライトって、こんな石!魅力・意味・相性・選ぶポイント

繁栄ある人生

アレキサンドライトってこんな石!

  • 6月の誕生石
  • 「宝石の王様」
  • 人生の繁栄
  • 二面性を表す石
  • 魔除けの石
  • 和名「金緑石(きんりょくせき)」

アレキサンドライトの意味

アレキサンドライトは一般的には6月の誕生石として知られていますが、1830にロシアウラル山脈のエメラルド鉱山にて初めて発掘され、その美しい緑色から皇帝に献上されました。そしてその日が皇太子アレクサンドル二世の誕生日だったことから「アレキサンドライト」の名が付けられたと言われており、古くから王族や貴族に愛されてきました。

当時はその美しい緑色からエメラルドに間違われており、その後別の石であると断定されましたが、現在でも「宝石の王様」と呼ばれ世界中で親しまれています。

人生の繁栄」の意味を持つアレキサンドライトは、成功へと導いてくれるパワーをもたらしてくれますので、新しいことをチャレンジしたいと思っている場合や仕事の成功を目標としている場合、望みや願いが叶うよう力を与えサポートしてくれるでしょう。持ち主の本来の魅力や才能を引き出し開花させ、より良い方向へと促してくれます。

そのように、持ち主の運を良い流れに変えてくれる働きを持っていますので運全般に効果があり、あらゆる面から勝利へと導いてくれます。そのためその効果は恋愛にも発揮されますので、気になる相手との関係を発展させたり、より関係を深めたい場合はブレスレットなどアクセサリーとして身につけておくといいでしょう。ときにはなかなか進展しない恋愛をすることもあったり、振り向いてもらえないときもあったりと、気持ちが落ちてしまうこともあります。そのようなときそのマイナスの感情やエネルギーを跳ね除け、前に進めようパワーを与えてくれるでしょう。恋人がいる場合は、より深い絆で結ばれ安定した関係を築けるようサポートをしてくれます。

また、アレキサンドライトは昼と夜とで異なる色合いをみせることから、二面性を表しています。ネガティブとポジティブや裏と表、陰と陽などのように誰しもどちらも持っているものですが、片方だけに偏ってしまわないようにバランスを整えてくれるでしょう。常に中心にいられるよう働きかけてくれますので、心のブレが少なく穏やかで安定した気持ちでいられるようになります。その結果、仕事や人間関係などがスムーズになり望む未来へと進んでいくことができるでしょう。

さらに「魔除けの石」でもありますので、災いやトラブルなどを事前に察知し回避してくれます。悪い出来事や物事、人などすべての悪運から守ってくるでしょう。アレキサンドライトは持ち主をマイナスエネルギーから遠ざけプラスエネルギーへと促し、温かなエネルギーで満ち続けれるよう働きかけてくれる、そのようなパワーを持っている石です。

鉱物としてのアレキサンドライト

アレキサンドライトは鉱物「クリソベリル」の変種で、ペグマタイトの中や変成岩中から産出されます。太陽光や蛍光灯のもとでは緑色に輝き、ロウソクや白熱灯の光のもとでは赤色を表し、昼と夜とで異なる輝きを放ちます。

含有物である酸化クロムによってそのように昼と夜とで色合いが変化しますが、通常は石の一部分だけで、変色効果が大きいものは希少なことから高い価値がついています。

お手入れ方法

アレキサンドライトは硬度が高い石ですので、基本的にどのような方法でも浄化することができます。

また、水晶と相性が良いですので水晶クラスターの上にのせておくのがおすすめです。アレキサンドライトが吸い込んだマイナスエネルギーをクリアにしてくれるでしょう。

選ぶ時のポイント

アレキサンドライトは変色効果のある石ですが、白熱灯にあてた際により赤色に近いカラーチェンジを示すものほど価値が高いとされています。

また、地色がブルーなものほど良いとされていますが、見たり触ったりなどした際にピンときたものを選ぶのもポイントです。

アレキサンドライトと相性の良い石

アレキサンドライト × ムーンストーン → 本来の魅力を引き出し、恋愛運を高める組み合わせ

x

アレキサンドライト × プレナイト → 直感力や思考力を高める組み合わせ

x

アレキサンドライト × 水晶 → 持ち主の魅力や潜在能力を引き出し、あらゆる成功へと導いてくれる組み合わせ

x

アレキサンドライトの魅力とは

アレキサンドライトの魅力とは、その美しい緑色の輝きでしょう。そして夜になると赤色を表す変色効果はとても不思議な雰囲気を漂せ多くの人々を魅了し続けています。

また、透明度が高いものはキラキラと輝き、見るものを惹きつけて離さないでしょう。

データ

英名 Alexandrite
和名 金緑石(きんりょくせき)
産地 ブラジル、ロシア、マダガスカル、スリランカ、タンザニア等
硬度 8.5
比重 3.713.72
結晶系 斜方晶系
成分 BeAl204
浄化法 クラスター、セージ、太陽光、月光浴、流水

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です