ラピスラズリって、こんな石!魅力・意味・相性・選ぶポイント

エジプトの夜空

ラピスラズリってこんな石!

  • 9月の誕生石
  • 幸福を引き寄せる石
  • 世界で始めてパワーストーンとして認められた
  • 魔除けのお守り
  • 物事の本質を見極め決断することを導いてくれる
  • マイナスの感情を手放す助けに

ラピスラズリの意味

「ラピス」はラテン語で「lapis:石」、「ラズリ」はペルシャ語の「lazuward:天・空・青」という意味があります。
古代エジプトにおいては有名なツタンカーメン王のマスクに粉砕して固められたラビスが使用されていたり、王族の装飾品として用いられていました。また、宗教儀式や護符などにも使用され、古代からラピスラズリの神秘的なパワーが信じられていました。

鉱物としてのラピスラズリ

ラピスラズリは藍方石(Hauyne) 、複数の鉱物からできているため、さまざま色が入り混じっています。
主成分はアズライトの鮮やかなロイヤルブルーにパイライトによる金色の斑点や、石のカルサイトの白色部分などが混じっています。

お手入れ方法

[月光浴による浄化] 満月の日にラピスラズリを外にだして月の光を当てて浄化をしましょう。

[ホワイトセージによる浄化] ホワイトセージの煙に何度かくぐらせることにより、簡単に浄化することができます。ネガティブなエネルギーをラビスが吸い取ってくれたあとには、浄化をすることをおすすめします。

[音による浄化] チベッタンベルなどの澄んだ音で浄化することもできます。ラピスラズリの近くで、心を鎮めてからベルを鳴らすことで、音の波動で浄化することができます。ただし音による浄化をする場合は、自分自身の心の状態が乱れているときはおススメできません。

※熱や水に弱いので、太陽の光での浄化は変質する恐れがあります。

選ぶ時のポイント

深く澄んだロイヤルブルーで色ムラがなく、金色のバイライトがほどよく散りばめられたものが質が良い状態です。中には白のカルサイトを多く含んだものがあり、比較的安価で購入できます。ハウライトにロイヤルブルーに着色したものなど偽物も多く流通していますので、気をつけましょう。

ラピスラズリと相性の良い石

◎ ラピスラズリ×アメジスト → 直観力とESP能力を高める組み合わせ

x

◎ ラピスラズリ×アクアマリン → インスピレーションを高め明晰な判断ができるように導いてくれる組み合わせ

x

◎ ラピスラズリ×ラブラドライト→ 潜在能力を開花してくれる組み合わせ

x

ラピスラズリの魅力とは

とてもパワフルなエネルギーを持つ石で、邪気やネガティブなエネルギーから守ってくれます。幸福に導いてくれる働きがありますのでお守り代わりに持っておくのも良いでしょう。サイキックな能力を高め、直観やインスピレーションを与えてくれます。「第三の目」を目覚めさせてれるので、未来を見極めたり、創造力を開花するサポートをしてくれるでしょう。

データ

英名 lapis lazuli
和名 瑠璃(るり)
産地 アフガニスタン、ロシア、チリ、カナダなど
硬度 5~5.5
比重 2.7–2.9
結晶系 岩のため結晶はなし
成分
浄化方法

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です