ミルキークォーツって、こんな石!魅力・意味・相性・選ぶポイント

愛を伝える石

ミルキークォーツってこんな石!

  • 女性的なエネルギー
  • 「恋人の石」「愛を伝える石」
  • 恋愛成就のお守り
  • 永遠の愛の象徴
  • 調和の働き
  • 免疫力を高める

ミルキークォーツの意味

ミルキークォーツは、アルミニウムなどの影響によって白っぽい色をしたクォーツ(水晶)なことから、水晶と同様の歴史を持ちます。古代から装飾品などに使用されたり、祈祷や儀式などに用いられたりと人々の間で大切に扱われてきました。

女性的なエネルギーを持っており、穏やかな優しさをもたらしてくれます。女性の持つ受容性を引き出しますので、寛大な心で接することができるよう促してくれるでしょう。ゆったりとした気持ちでいられるようになるため自然と周囲との関係も良くなり、パートナーとも温かな絆を作っていくことができます。

恋人の石」「愛を伝える石とも呼ばれ、恋愛成就のお守りとして人気の高い石です。心が穏やかになることで、これまで見えなかったことにも気付けるようになるでしょう。相手の感情を汲み取れるようになるため思いやりをもって接することができ、その結果お互いに想い合える関係を築くことができます。そのようなエネルギーを持っていることから「永遠の愛を象徴する石」とも呼ばれていますので、ブレスレットなどアクセサリーとして身につけておくといいでしょう。

また、調和の働きも持っていることから、精神や肉体、感情のバランスを整えたり、環境など周囲の調和ももたらしてくれます。恋人や仕事での人間関係を円満にしてくれるでしょう。

さらに、免疫力をアップさせる働きを持っており、身体の改善をサポートし、心身を強化してくれます。心と肉体の両方へとパワーを与えてくれますので、心身ともに健康で過ごせるよう、お守りに身につけておくといいでしょう。ストレスを感じやすい人や疲れが溜まっている人におすすめです。

鉱物としてのミルキークォーツ

ミルキークォーツは半透明から真っ白など、まろやかな色合いをしており、なかには針状の結晶を含むのもがあります。そのような石はスター効果やシラー効果が現れることがあり、別名「ジラソル」とも呼ばれています。

ジラソルは主にマダガスカルで産出され、オパールのような輝きを持つことから、「オパールのように輝く石」という意味で、その名で呼ばれるようになったそうです。

和名では「乳石英」と呼ばれており、透明度が高く淡いものや白色なものは「ムーンクォーツ」「スノークォーツ」と言われることもあります。

また、加工後に放射線を照射した際に、ピンク色に変化するものを「ピンクジラソル」「ピンクメタモルフォーゼス」と呼びます。

お手入れ方法

ミルキークォーツは紫外線に弱い性質を持っていますので、太陽光での浄化を避け直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

満月の夜に月の光に当てたり、セージで煙にくぐらせたりするのがおすすめです。また、マイナスエネルギーを吸い取る石ですので、こまめに浄化をするようにしましょう。

選ぶ時のポイント

ミルキークォーツは、比較的手に入れやすい石ですが中国産のもは結晶にばらつきがあるため、マダガスカル産やブラジル産のものを選ぶようにしましょう。

ただ、そのように品質にこだわるのもいいのですが、「なせか気になる」ものを選ぶのもポイントです。あなたと引き合った石ですので、ピンと直感で選ぶのもいいでしょう。

ミルキークォーツと相性の良い石

ミルキークォーツ × オパール → 素敵な出会いをもたらす組み合わせ

x

ミルキークォーツ × ペリドット → 内側の魅力を引き出す組み合わせ

x

ミルキークォーツ × ムーンストーン → 外側の魅力を引き出すとともに、女性特有の疾患に働きかける組み合わせ

x

ミルキークォーツ × ラリマー → 人間関係に調和をもたらす組み合わせ

x

ミルキークォーツの魅力とは

ミルキークォーツの魅力とは、その淡い乳白色や半透明などの色合いでしょう。ムーンストーンと同様の性質を持っていますので、優しいパワーを持っています。

持ち主を温かなエネルギーでサポートし、穏やかな愛で満たしてくれるでしょう。そして溢れでた愛が周囲をも包みこみ、安定した愛ある関係を育んでいけるようになります。

データ

英名 Milky Quartz
和名 乳石英(にゅうせきえい)
産地 マダガスカル、ブラジル、アメリカ等
硬度 7.0
比重 2.65
結晶系 六方晶系
成分 Si02
浄化法 クラスター、セージ、月光浴、流水

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です